のへぴょんのスゝメ

アホ・エロ・グッズ・トンデモ女性下着から始まって、ゴシックロリータ・中島みゆきまで、ちょっといきすぎからトコトン真面目まで、管理人の趣味暴走中。右のメニューから、お好きなジャンルをお選び下さい★
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
IMAGE
IMAGEnet
価格.com
価格.com ブロードバンド
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
シベリア少女鉄道「スラムダンク」観劇記
新宿シアターサンモールって初めてだった。
地図を頼りに行くも、迷って交番にたずね、
駅から結構歩いてたどり着いたのは、黒いレンガ調のゴージャスな建物?
と思ったら中は狭めな演劇空間だった。

真中に舞台、両側に客席が階段状に並ぶ。

「えらびづらい自由席」を選んで座って客席を見る。
どちらかというと男性が大めの、年齢層はワリと高めの(?)正体不明な感じの人たち(いわゆる色が無い)
でも内心「ちょっとヒネったオモシロもの好き」なのだろう。
今回は何をしでかしてくれるんだろう、とワクワク。



80年代アイドル歌謡みたいのが流れたあと、演劇が始まる。
トロい。シベ少は最後の見せ場になるまでが、なんちゅーかとてもトロい。
隣で兄貴が船漕いでいる。
皆が数役こなしていて、入れかわり立ちかわり違う役で違う場面をやるのだけど、
それが加速してきて慌てて同じ服のままやったり、右から左へ移動して別役になったりする。
おや?この展開は劇団健康の「トーキョーあたり」に被ってないか?
なんて思ってたら、
やっぱシベ少はもっと行き過ぎてた(笑)

チラシで言ったとおり、内容は「世界の中心で、会いに行きます」入ってるし、
チラシのビジュアルどおり、寄席もやったし、
題名どおり「スラムダンク」だった。

スラムダンクが始まったときは、「またこれか?」って気もしたけど・・(前回のストリートファイターを思い起こす)
ますます大変なことになってるっつーか、
相変わらず何言ってるのか分からない・・!
え?早すぎ!え?え?え?
何よりやってる役者さんスゲー!

と思っているうちに終わってしまい、客席唖然。
唖然としているのが楽しくてニヤっと笑ってしまった。

最後やたら目まぐるしくて、結局筋が分かんなくて、
そうだよな、筋はどうでもよかったんだよ・・・!
つーか、どうでもいいよ!!!
真面目に考えて生きるなんてばかばかしいよ!!

こんなこと、真面目に(じゃないけど)舞台でやってしまう、
とってもくだらない人たちがいるんだから・・・!!

私、まだがんばれる。

そう帰り道に思いました。

シベ少はね、もうあんま人にオススメするのはやめとくけど(ワケ分かんなかった・・と困惑顔されると辛いので)
次回も次々回も見に行くよ。

そのくだらなさを堪能するために!

================
舞台を見てない人のためにもうちょっと解説。

<スラムダンク>とは?
役者さんが2チームに分かれ、数役を入れ替わり立ち替わり演じ、舞台の上の擬似コートでシナリオ上の会話を交わしつつ、演技上の自然な動作で擬似ボールを仲間に投げてシュートしていく・・えーとドッチボールじゃなくて何だっけ?漫画スラムダンクのスポーツね(あ、思い出したバスケット!)
で、その動きがバスケしてるのと同じくらい猛スピード。
だからその、演技上の会話をしながらスポーツをしているけどスポーツしてないんですよ(意味不明)
ゴメン、やっぱ、見て。
言葉じゃあのありえなさは伝えきれない(T。T)
10月20日までやってるから。

=============追記
でね、お話自体は漫画「スラムダンク」とは全然関係なくて、首相が昔の原発事故隠蔽事件の恨みでテロを起されるなんだか大変な話なんだけど、
その最後のオチをバスケをやりながら高速でやるもんだから、誰が何を言ってて何がどーなったのかさっぱりわからないの(笑)
しかもバスケのあとは宇多田ヒカルの「トラベリング」に合わせて+ダンス+ラップだし・・!!

もうね、真面目にシナリオを追って、オチを期待していた、
あるいは教訓とか主張とか待ちわびてた人にはこんな裏切りはない(笑
「なんてブチ壊し方を!!真面目に見ててバカを見た!」みたいな。
でも、その前説ストーリーで人物設定がちゃんとされてないと、最後のバスケは出来ないわけで、
そういう意味じゃブチ壊すために作り上げた、っていう、
それ自体無意味なものだったんだ多分。
まぁ別に深読みしてもいーんだろうけど、作・演出の土屋さんはWEB日記を見る限りそーいうの考えてなさそうだし(笑)

いや、凄い、ある意味凄いアナーキー。
しかも何も考えてないアナーキーですよ。何も考えてなさが凄い。

あのアイディアを思いつくのも凄ければ、実現しちゃうのも凄いし、
ちゃんと土屋さんの言うこと聞いて演じてる役者さんたちもアッパレだ。

まぁほかでこういうことやる人たちはいないから、
私はずっと見守りつづけたい、と思います。

シベリア少女鉄道に幸あれ!!!

↓演劇公演情報掲載誌「演劇ぶっく」はこちらで買えます。
演劇と映画の本屋さん


人気blogランキング「演劇」ジャンルで参加中☆クリックお願いします!!

→もっと詳しく舞台上の様子を知りたい方は、しのぶさんの演劇レビューを御覧下さい☆

→もっと詳しいシベ少考察はこちらへ→デジタルからあなろぐ
 確かにあの時間感覚の急進っぷりはハンパじゃない・・他劇団じゃありえません。
スポンサーサイト
- | 19:46 | - | -
コメント
from: -   2005/10/20 12:52 AM
管理者の承認待ちコメントです。
from: -   2005/10/20 9:28 AM
管理者の承認待ちコメントです。
from: -   2005/10/20 2:11 PM
管理者の承認待ちコメントです。
from: -   2005/10/20 3:25 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nohepyon.jugem.jp/trackback/97
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2005/10/20 2:12 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/11/12 1:13 PM