のへぴょんのスゝメ

アホ・エロ・グッズ・トンデモ女性下着から始まって、ゴシックロリータ・中島みゆきまで、ちょっといきすぎからトコトン真面目まで、管理人の趣味暴走中。右のメニューから、お好きなジャンルをお選び下さい★
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
IMAGE
IMAGEnet
価格.com
価格.com ブロードバンド
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
毛皮族「遺骨のトットさん、ドブに落ちる」発売間近


【日程】 2008年2月13日(木)〜2月17日(日) 駅前劇場
【作・演出】江本純子
(第18回下北沢演劇祭参加作品)

巨額の金を横領した窓際族OL「トットさん」が、窓際の裏社会でのし上がり一世を築いた後で、ドブ川に転落するまでの錆びた一生を重厚かつへなへなピンキーに描く芳醇の新作。
毛皮族初期の野蛮なエロバイオレンス作風と近年気が向いた時にたまに描く硬派な社会派ミステリー風をドキドキドッキングさせて描き出す新シリーズ、その名も毛皮族の社会派ピンキーバイオレンス!!(毛皮族HPより)

あけましておめでた年賀状で告知キターーーーーーーーー!!!

毛皮族は今後劇団でなく江本純子プロデュース公演になりますとか、気になる告知もありますけど・・
今回、町田マリーさんと澤田育子たんがいませんけど・・・
でも、ジュンリー☆がいるわけだからっ
あと劇団員の面々のまだ顔覚えてない人たちとか注目。
本田劇場<駅前劇場というファンの指摘を受けてか?の駅前復帰。
社会派ピンキーバイオレンス!!

あぁ楽しみナリ。
12日に公式HPで発売するから、皆様も是非☆

↓そんな毛皮族のDVDはこちらで買えます

毛皮族の「天国と地獄」豪華版BOX
2007年4月、新宿シアターアプルにて行なわれた狂騒パニック・オペレッタ『天国と地獄』の模様を収録。オッフェンバック作曲の同名喜歌劇を大胆にアレンジし、迫力の舞台を展開している。

【解説】
1858年第二次帝政時代のパリ、ブッフ、パリジャン座で誕生したオッフェンバック作曲の名作喜歌劇『天国と地獄(地獄のオルフェ)』を、2007年東京・新宿シアタープルにて、劇団「毛皮族」の主宰・江本純子がまさに毛皮族版・狂騒パニックオペレッタとして甦らせた。 町田マリー他毛皮族メンバー総出演の中、田口トモロヲ、小林顕作、澤田育子他、豪華キャストによる狂演の独唱!快演の群舞!そして汗かきまくり!!とにかくイマドキぐる〜び〜なイケイケパンク軽歌劇の大誕生!!半裸の女神達も大活躍!!フィナーレ、総勢31名による“スペシャルカンカン"他、狂喜乱舞の巨大レビューの数々を見逃すな!!

三交社製オリジナル 上演台本/おもしろパンフレット(12ページオールカラー)

【映像特典】
幕間の挨拶その1&その2/オープニング映像/エンドレスカンカン/【音声特典】コメンタリー音声“お茶の間での「天国と地獄」の楽しみ方"


スポンサーサイト
- | 16:17 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nohepyon.jugem.jp/trackback/655
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/01/05 12:53 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/01/05 7:22 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/07/07 2:06 PM