のへぴょんのスゝメ

アホ・エロ・グッズ・トンデモ女性下着から始まって、ゴシックロリータ・中島みゆきまで、ちょっといきすぎからトコトン真面目まで、管理人の趣味暴走中。右のメニューから、お好きなジャンルをお選び下さい★
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
IMAGE
IMAGEnet
価格.com
価格.com ブロードバンド
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
デスノートアニメ版(総集編)&藤原竜也談
今日はTVでデスノートアニメ版の総集編やってました。
アニメ版初めて見たけども、映像綺麗だし、声は合ってるし、適度に重厚な音楽もイイ!!ですね。

今日はLが・・・なとこまでで、結局リュークが・・・しました(ネタバレ厳禁!)

神様になるのも大変ですネェ(そんな感想!?

↓こんなん出てるのね。

(デスノート)ミサの携帯マスコットストラップ【0827秋先2】


映画版のラストが違うそうなので、これからネットでネタバレ探ししようかな。
なんか映画版見る気しないんですよね・・
藤原竜也君がイマイチ合ってない気がして・・(−−;
(ちなみにLも見た目は似てるけど、ちょっとコミカルさが足りないと思ふ)

いや藤原君は舞台に立つと物凄いのですよ。
さいたまの偉人・演出家蜷川幸雄御大に発掘されて、育てられたせいあって、
舞台の藤原君は天才的です。なんかもうこの世のものじゃない感じ(@@)
その役が取り付いてしまうといいますかねぇ。
でもTVドラマや映画に出ると、そのオーラが消えちゃうんですよね・・
ちっさい枠にはちっさい演技しかついてこないんでしょうか。
TV的には大仰な演技とか無理だしなぁ(むしろ変か)

まぁ、TVや映画でなんかそれなりっぽい人でも、
舞台じゃホンジャラケだったりしますから(笑
真価を問われるのは舞台だなと思います。
TV的には真価なんかいらないんでしょうけどね。見栄えがいいのが第一ですから。。

舞台だと見栄えがそんなよくない人のほうがやたら輝いてたりしますからね〜。ステキ
あー舞台見たい舞台。しもきたざわー

と思って、劇団・ナイロン100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチ演出DVDを注文したりして。
どれもチケ代高くて(芸能人出演料!?)見に行けなかった・・

【DVD】カメレオンズ・リップ/堤真一
労働者M〈2枚組〉
SLAPSTICKS

↓映画もね!
【送料無料!】おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill 特別版 DVD【TLIP Inc.】


漫画に映画にTVに舞台!
やっぱり人生はこうじゃなくっちゃ!!!!

↓「そうですよ・・(あと甘いもの)」とLも言っています。

大人気DEATH NOTE LがRAHシリーズに!メディコムトイRAH DEATH NOTE(デスノート) L

あーあと今日の総集編アニメで、ミサミサが無意味にゴシックロリータ(ロリの黒系)を着て街を闊歩しながら歌ってるシーンがあってビックリした(笑
パンクロックじゃなくてロリータもイケるんだ・・ミサミサ。

↓「オシャレでしょ★」とミサミサも言ってます。

【メディコムトイ】リアルアクションヒーローズNo.337 RAH デスノート 弥 海砂(アマネミサ)

↓「おい!「神」を忘れるな・・!」

リアルアクションヒーローズ デスノート 夜神 月(Light Yagami) (9/下 発売予定)

はいはい(笑


ドラマ版「白夜行」最終回感想
ブックオフで、聞きなれたメロディが流れてきて、

ん?ん?
これなんだっけ?なんだっけ??

♪君が僕の光なら 僕は君の影になろう♪

おっとこれは!白夜行の主題歌・・・ではなく、千綿ヒデノリの「逢えない夜を越えて」!!
そういえばこの歌、「白夜行」の世界に符号するものがあるなぁ〜と思いまして、改めて聞いてみました。

♪君が過去に縛られて 僕が未来を恐れても
 向き合えばいつもそこに 今があるだろう

 君が嘘を望んでも 僕は真実をあげる・・・♪

などなど。
千綿さんはちょっと泣き入ってるような憂いのある声で歌う方なので、これがまた合います。

↓これがその曲のシングル。マイナーですが。。
千綿ヒデノリ/逢えない夜を越えて

それはそうと、ドラマ「白夜行」終わりましたね!

(これから長い長い感想が始まります。お覚悟の上御覧下さい)
続きを読む >>
罰と救いの行方は!?白夜行最終回
<<<最終回放映後の感想記事はこちら>>>


今夜はドラマ「白夜行」最終回(第11話)です。
(私は谷山浩子さんのコンサートへ行っておりますので、リアルタイムでは見られないのですが・・・)

遂に遂に、固唾を呑んで見守り続けた白夜が明ける?沈む?日が来た!

「白夜行」本・ドラマ過去記事はこちら(車の中では「影」がエンドレス・・)

今まで見てなかった方も是非☆(本気?
21時からTBSテレビで→白夜行公式サイト

個人的には、雪穂に充分すぎるほどの×を与えて欲しい(鬼
特に何の罪も無い友達に嫉妬心だけで●○させたことは、絶対許されへんで〜(何かが乗り移った)

「愛」というものは今の私には遠すぎるので、まぁこの辺で。。
一体どんな結末が待ってるんでしょうね!?(小説見てないんで・・ドキドキ)

<<<放映後の感想記事はこちら>>>

↓DVD出ちゃうのね。最終話から見た方は是非(笑

icon
icon
「白夜行 完全版 DVD-BOX」
icon

「愛することが罪だった 会えないことが罰だった――。 新・直木賞作家 東野圭吾の110万部を越すベストセラー原作ドラマが早くもDVD化!! 幼い頃、初恋の少女を助けるために父を殺した少年と、少年をかばうために母を手にかけた少女がその後14年間、手に手をとって生きていく―人生のすべてを捧げ続けた少年と、すべてをかけて答え続けた少女。その姿を"愛"と呼ばずして一体何を"愛"と呼ぶのか―。あまりにも「残酷で、孤独で、純粋な」2人の魂を、14年の愛の奇跡を、山田孝之・綾瀬はるかのゴールデンコンビで丁寧に描く。」

↓サントラです。

icon
icon
「白夜行」オリジナル・サウンドトラック/河野伸
icon

↓写真集まで!
写真集白夜行
写真集白夜行

↓主題歌「影」(柴咲コウ)の楽譜
ピアノピースPP572 影/柴咲コウ

セブンドリーム・ドットコム−DVDセブンドリーム・ドットコム
白真矢降臨!女王の教室スペシャル
今夜(17日)9時から、二夜連続で「女王の教室スペシャル」が放映されます!(日本テレビ系)

去年度完膚なきまでハマったあの素敵な女教師、阿久津真矢・・・!
が、女王(黒真矢)になるまでの過去編です。
愛と理想に溢れた「白真矢」の激動の人生を辿って、みなさまも女王の掴み取った「正しさ」たるものに触れてみては如何かな?

17日午後9時から10時54分「エピソード1〜堕天使」
17日午後9時から10時54分「エピソード2〜悪魔降臨」

要チェックワッ!

にしても、ストーリーが女王の教室the bookiconにちょこっと書かれていたのと本当に同じで驚きました。
とってつけたように考えた、んじゃなくて、最初から織り込み済みだったのですね・・・恐るべき、脚本家遊川和彦!(@@)

↓エピソード1・2の本まで出てたんですね・・

icon
icon
「女王の教室ザ・ブックエピソード1 & 2」
icon

(余談)
ニュース番組の宣伝で「どうして真矢が鬼教師になってしまったのか!?」などと煽っておりましたが、
「しまった」という言い方はどうか?と思いました。
まるでそうならない方が良かったみたいぢゃん!プンプンぶー
そうなるまでの必然性を描きそして考えさせるのが番組の主旨じゃないんですかぃ?
あと「鬼教師」「悪魔」って言い方も好きじゃありません。
あの程度で鬼教師とは・・よほど回りにちゃんと叱るタイプの人間がいないのかしらん。認識が甘すぎると思いますだよ。


↓こんなサントラが新しく出るようです。今回のスペシャルで使われる音源かな?
「女王の教室 Special edition 〜the best selection of 池頼広〜」
icon

「戦慄の旋律が再び!! 大ヒットドラマの最新音源+未発表テイク、スペシャル・テイクをまとめた、ワイルドでエッジを利かせた個性派コンポーザー・池瀬広による "女教" 特別盤!!」

↓通常版

icon
icon
「女王の教室」サウンドトラック
icon

↓DVDも出てます。今こそ改めて黒真矢を見返そう!
icon
icon
女王の教室 DVD-BOX
icon

↓神田ちゃん・・!!(ろ、ロリ雑誌!?
ピュア・ピュア(vol.33)
ピュア・ピュア(vol.33)

↓女王(の中の人)の宝塚時代
ME AND MY GIRL(ビデオ)
ME AND MY GIRL(ビデオ)

「女王の教室スペシャル」視聴後の感想記事はこちら

<TB記事>
Vivid bibi Blog 〜鮮烈なるビビ劇場〜

CD・DVD買うならNeowing!!
CD&DVD Neowing
女王の教室、一挙再放送中!
ふふふ・・・このために朝目覚ましかけて起きましたわよー!

8時から11時半まで3話分放映しました。
12時から、また4話分続きまーす!

各話の冒頭で、和美ちゃんと雄介君の小話も見れますよ(^0^)
やっぱりこの二人の雰囲気はいいなぁ〜☆

午後は私が見逃した、和美ちゃんが激しくイジめられるシーンが入っております(T。T)
しかし女王は何度見ても貫禄あって凄い・・!

来年の私は、あれくらい「隙のない女」を目指すか?

・・・え?それじゃ男性が寄ってこないってか。
構わないモーン。モーン。モーン・・・・・・

てへっ★

↓DVDも出てます。女王の勇姿をコンプリート!

icon
icon
女王の教室 DVD-BOX
icon

「特典ディスクには、アーンド日テレ・プレゼントスポット集、エンディング 天海祐希フルダンスバージョン、未公開CUT映像、オーディション・リハーサル・カメラテスト、劇中お笑い番組「エンタの悪魔」「ザ・情報ツウ」取材VTR、全キャスト紹介を収録。」

劇中お笑い番組「エンタの悪魔」・・??
あ、和美ちゃんちのTVに映ってたやつだね。マニアックな・・(笑)

再放送は明日の午前・午後も続きます。
大掃除そっちのけで、皆様チェック〜!(こらこら、そそのかすな)

【CD買うならNeowing】
インリン、イン卵を産む
インリン様引退!惜別のM字/ハッスル

<ハッスル:東京大会>◇25日◇後楽園ホール◇2350人
 インリン様が、リングに別れを告げた。ハッスルハウスが25日、東京・後楽園ホールで行われ、メーン終了後に登場。昨年12月24日の初登場以来、ハッスル人気を支えてきたが、M字パワーの限界を理由に「普通の女の子に戻る」と宣言した。それでも最後のM字ビターンの際に「イン卵(らん)」と呼ばれる卵を産卵。プロレス界の功労者は来年以降、姿を変えて登場する可能性を残した。
 山口百恵の「さよならの向こう側」が流れるリングで、インリン様が体の一部と化したムチを、そっとトップロープに置いた。「もうこの世界で使えるM字パワーは、底をつきました。そうなったら私は、ただの女。今日をもってモンスター軍を去ります」。プロレスとの決別を告げると、会場から惜別の声が響いた。最後の力を振り絞ってラストM字ビターンを行った際には、第2章の可能性を示すようにイン卵が産み落とされた。
 昨年12月24日の初登場から1年。次々と常識を覆してきた。SM女王を思わせるムチ攻撃と過激な衣装。五輪メダリストの小川直也にフォール勝ちする衝撃デビューも果たした。通常の試合形式でなく、お立ち台でM字開脚を披露する「M字ビターンマッチ」でも観衆を沸かせた。小川も「インリンは、プロレスファンを良い意味で裏切った」と認めている。
 昨年1月に旗揚げしたハッスルは当初、国内外の一流レスラーを招くなど、プロレスオールスター色が強かった。だが11月のハッスルマニアでは、インリン様の築いたレールに和泉元彌やHGらが続いた。芸能人路線が確立され、加藤GM代行は「マニア受けから、一般にも受けるようになった。ファン層が拡大した」と相乗効果を説明した。
 同じ横浜アリーナ開催でも、一時より11月は約4000人も観衆が増えた。初観戦の観衆は2〜3割にも上ったという。最後は「高田モンスター軍は永久に不滅よ」と絶叫。「プロレスラー・インリン」を誇示し幕を引いた。【高田文太】

ーーーーーーーーーーーーー
実はスカパーで見てました(笑)何かと充実していたクリスマスであった、とも言える・・
「ハッスルハウス」→「フィギュアスケート全日本選手権」→「メダリスト・オン・アイス」(TV見てただけじゃん!)
続きを読む >>
「山田風太郎が見た日本」放映
本日12月10日、10時から11時半まで
教育テレビで「ETV特集 山田風太郎が見た日本」を放映します!
(詳しくはこちら

何を隠そう私はこんな記事を書いてしまうくらい風ちゃんラブであります(小説未読につき、リアル日記に限る^^:)

「作家の日記発見」とありますから、戦中派○○日記シリーズや刊行していないその後の日記から抜粋して、ナレーター(三国連太郎)が喋りつつ、戦中戦後の日本の姿を炙り出していく番組なのでせう。
あの文語体と冷徹な目にシビれまくった私には必見!

皆様も「野ブタ。をプロデュース」の後は是非この番組を!(落差あり過ぎ)
気になったら風ちゃん日記も読んでみてネ。
戦中のリアル日本人がどう感じていたかが分かる貴重〜な資料ですだよ。
(&天才とはこういうものか、というのが解ります・・・

↓検索したら、また日記の続編(昭和26〜27年版)が出ていました!
「戦中派復興日記」
icon

まさかこのまま、亡くなった日の日記まで全部刊行し続ける気じゃあるまいな??
凄いプロジェクトだ〜(@@)
というか、書いてた山田風太郎が一番凄いわ・・・

<関連記事>
山田風太郎「ぜんぶ余禄」感想記事はこちら

→本・雑誌を買うなら1500円以上送料無料のboople!
オンライン書店 boople.com